ドクターたけみやイマイマBLOG

  1. 日常
  2. 86 view

フレンド クボシュー

こんにちは

みなさんは、
デザフェスって聞いたことがありますか?

デザインフェスタのことで、
先週末11月7, 8日に
東京ビックサイトで1年ぶりに開催されました

詳しくは最後に……

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ところで
みなさんの周りに芸術家はいますか?

趣味で芸術を楽しむ人は
世の中にたくさんいると思うのですが、

芸術だけで食べているのは
たぶん、ほんの一握りの人

昨年の夏のことですが、
その中の1人に出会いました
切り絵画家の『しゅうちゃん』です

家がわりと近くだったこともあり、
それから時々一緒にお酒を楽しむようになりました
いわゆる 『飲み友達』です

私より一回り以上年上ですが、
見た目が若いのと
好きな作品作りができているからか
いつまでも子供のような無邪気さがあって
可愛がられキャラとして
みんなから愛され親しまれています

ホントの名前は『修』と書いて『おさむ』といいますが
ペンネームは 『しゅう』です

なので、
『しゅうちゃん』と呼ばれています

しゅうちゃんは山口県出身なので、
時々幕末の長州藩の侍気分になって
桂小五郎と一緒に逃げたっけ(笑)?
と思えるほど、その時代を語ることがあります

また、昔の無鉄砲な時代のことを
とても懐かしそうに話すこともあります

小松左京さんの事務所に
飛び込みで絵を持ち込み
そこから人生が変わったこと

でも、岡本太郎さんに
けちょんけちょんに言われて
落ち込んだこと

そして
絵が売れなくて貧しい時代
お母様がこっそり送ってくれた仕送りが
とても嬉しかったこと

たくさんの人に出会い、支えられ、
多くの美女と激しい恋もしたそうです(笑)
あ、笑うところではありませんでしたね

そんな中で、いま
大好きな絵の仕事に集中できていることを
とても感謝しているように見えます

プロデューサーであり社長であるサクラさんと
マネージャーであるミキさんに支えられているから
自分は作品作りに没頭できるんだと
よく話しています

なんでマネージャーさんかというと、
しゅうちゃんは芸能事務所にも所属しているからです

昨年はNHKのサラメシにも出演されましたし、
山口放送には常連さんのようです

NHKならプロフェッショナル仕事の流儀
なんじゃないの?と思いませんか?

私もそう思いました(笑)
もちろん、
NHKの方からもそう言われたそうです(笑)

それでも、しゅうちゃんはサラメシに出たかった!

なぜか?

それは、しゅうちゃんがいろいろな食材を
題材として絵を描いてきたからです

そして、作品が出来上がった後は
ちゃんと自分で料理をして
サクラさんやミキさんと一緒に
美味しく召し上がるのだそうです

その日常をサラメシで表現したかったのかな(^^)
でもサラメシの時はいつもより
ちょっとおかずが豪華だったみたい(笑)

そんなしゅうちゃんの食べもの作品には
トウモロコシやアスパラガス
ワタリガニや蕎麦などが出てきます

ピーマンや魚やタケノコも登場します

どれを見ても、
その作品を描いているしゅうちゃんと
その後に美味しそうに食べている様子まで
ストーリーとしてイメージできてしまいます
不思議な感覚です

また、京都を舞台に
清水寺をバックにした一面の桜の木や
昔ながらの家がならぶ街並みの中の紅葉など

花びらや葉が風にゆらゆら揺らされて
最後は散りゆくところまでが見えてきそうな気がします

しゅうちゃんの絵は、
こういう目に見えない余韻というか
余白のような部分を
ストーリーで楽しめるのがいいよね、
と言うと

しゅうちゃんは嬉しそうに笑って
日本酒をくいっと飲みほします

平面でもなく、
立体でもない

1枚の絵から浮かび上がる
小さな物語

そこには
何回みても見飽きない楽しさがある

これは明らかに
観客を楽しませることを意図した
エンターテインメントですね

ちなみに
桜や紅葉の絵は春秋の八つ橋の
包装紙に使われていますので
京都に行かれた際にはチェックしてみてください

また来夏には新宿伊勢丹で恒例の個展
『切り絵のジャポニズム』が予定されています
時を超えて
古き良き日本を楽んでみませんか?

あ、あと もしかしたら みなさんの記憶には
ふるさと切手「隅田川の花火・朝顔」(1999)が
残っているかもしれませんね (^^)


このブログのために送っていただいた写真
ありがとうございます!
次の作品はどんなかな?
ワクワクして待っています

アトリエ(東京)
http://www.shu-kubo.com

「久保修切り絵ミュージアム」(大阪府豊中市)
http://www.suminoisamu-zaidan.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

デザフェスは
毎年ほどの賑わいではないものの

たくさんの人が一堂に会し
文化祭のような雰囲気でした

若い芸術家のたまごちゃんたちが
それぞれのスタイルで自分を表現していました (^^)/

私はその雰囲気を楽しみながら、
最後はキッチンカーで乾杯!

新感覚の医師・保健師を目指す私たちは

新感覚フライドチキンを食べて


The end

それでは、また明日

日常の最近記事

  1. フレンド クボシュー

  2. カッコいい人

  3. ドクターたけみや イマイマBLOGはじめました

PAGE TOP