ドクターたけみやイマイマBLOG

  1. 女性のからだ
  2. 109 view

女性ホルモンが顔を作っている!?

急に寒くなってきて、
温かい飲み物が恋しい季節になりました

そうそう、私の親愛なるバディの 『保健師はやかわ』
彼女の趣味は コーヒーの焙煎です
いまや、
テイクアウトカフェの店長も兼務するほどの腕前(^^)

詳しくは最後に……♡

前回は、
『更年期を境に女性ホルモンはガクッと減り
その後もずっと減ったまま』

『女性ホルモンは
何十年も女性のカラダを支えてきた』

ということをお伝えしました

ずっと女性のカラダを陰で支えてきた
女性ホルモン、それが更年期に急激に減る……

その結果、
全身いたるところに変化が……💦

ということで、

今日は 『顔』 に注目します

若い人の顔はフェイスラインがはっきりし、
ハリのある肌が特徴的ですね

一方、40歳を過ぎると、
顔の形は少しずつ変化してきます

どうしても皮膚のハリがなくなり、
フェイスラインがぼやっとしてきてしまいます

それは、なぜだと思いますか?

それでは、まず、30代と50代の顔を比較してみましょう


これは35歳の女性の顔です

 


そして、こちらは、その20年後
55歳の女性の顔になります
参照) http://www.cleardermatology.net/facial_aging_tool.(大塚製薬(株)提供)

次は、ちょっと怖いかもしれませんが、
皮膚の内側をのぞいてみますよ

ここで、女性の顔の骨に注目してもらえますか

55歳の女性の骨は35歳の女性の骨に比べて
あちこちがやせ細って隙間が目立っているのが
確認できるでしょうか?

実は、その隙間のせいで皮膚がたるんでしまい
輪郭がぼやけた感じになります

つまり、顔の変化の原因の1つは『骨のやせ』だったのです

では、どうして、
顔の骨はやせてしまったのでしょうか?

その話の前に……
骨を丈夫にするといえば何を思い浮かべますか?

カルシウム?
コラーゲン?

そうです、これらは骨をつくる上で大事な材料です

ところで、
骨は常に作られては壊されているって
ご存じでしたか?

硬くて無機質であまり動かない組織に見えますが、
毎日、つくられながら、壊されています

つまり、丈夫な骨にするには、
骨の生成(つくる方)を助けるとともに
骨の破壊(壊す方)を適度に抑えてあげて
骨代謝のバランスを維持する必要があるのです

実際、骨の中では
骨をつくるのは『骨芽細胞』
骨を壊すのは『破骨細胞』
これらの細胞が働いています

参考)解剖生理学 人体の構造と機能① 医学書院

実は、
その骨代謝において、
女性ホルモンは骨を壊すのを抑えていたのです!

つまり、上の図にある『破骨細胞』の機能を
がんばって人知れず、抑えていたということです

つまり、骨を壊すのを抑えることで、
女性ホルモンは骨をつくる方向に作用していたのです

だから、女性ホルモンがなくなるということは、
骨が壊れていくのを止められないということ

だから骨が減っていく……
それが更年期以降の女性のカラダというわけなのです

しかも、顔の骨の変化はカラダ中の骨の中でも
かなり早い方と言われています

だから、50代の女性が、
昔と比べて、
顔の形が変わったのよ……というのはホントの話。
気のせいなんかじゃなかったのですね

顔の形が変わるのがイヤな人もいますし、
年相応の変化だから気にならないという人もいますね
そこは考え方なので、人それぞれ

あなたは、これから先の人生
どんな顔でいたいですか?

無料の個別相談をご希望の方はこちらまで
現状の確認とあなただけの問題点をクリアにします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
株式会社Machiim お問い合わせフォーム

次回は
皮膚そのものへの女性ホルモンの影響について
お伝えしますね (^^)/

その後は
骨つながりで骨折に注目します
特に、60代以降の方は必見ですよ (^^)/

この続きはまた明日!

P.S.

保健師はやかわの話の続きです

彼女は研究熱心なこだわり職人なので、
豆のピッキングも自分の目と手で行い
コーヒーのブレンド内容も自分で考えます

いまは、オリジナルのハロウインブレンドに夢中です
酸味が効いたスッキリブレンドコーヒー

一度ご賞味ください

café こかげ

女性のからだの最近記事

  1. 女性ホルモンが顔を作っている!?

  2. 女性ホルモンと顔の骨?

  3. 失って初めてわかる女性ホルモンの価値

  4. 続・わたしには更年期がない⁉

  5. わたしには更年期がない⁉

PAGE TOP